Hi👋

What's up😎

 

調子はどうだい?

 

僕は今週、

待ちに待ったGUIDIのローンチができて、

ゴキケンよ😁

 

 

取り扱いスタートから

早2年ほど。

 

入荷する度にそのファンを増やし、

 

すっかり北千住店の

顔的ブランドの一つになるまでに至った

GUIDI。

 

本当に良いブランドだよね😁

 

 

僕自身、

出会ってから今に至るまで、

冷めることを知らず、

今もその熱を上げ続ける、

 

お気に入りのブランドだよ😎

 

 

最近では、

ありがたいことに、

ブランドからの厚いフォローアップもあり、

様々な企画やチャレンジを

画策させてもらっていて、

 

 

今シーズンも

ワガママを聞いてもらって、

インラインのモデルを

アップデートさせたアイテムを

製作してもらったんだ😎🔥

 

 

特に思い入れのある、

『Shark』こと、mod.《2091》に関しては、

少し前のBuyer's Noteを

チェックして欲しい。

 

 

《一目惚れのあの子をウチだけのエディットで、、、》

 

 

ここでは

アイテムの詳細や

エディットについては

割愛させていただき、

 

GUIDIの

そのブランドとしての

魅力たるを語らせてもらおうと思うんだが、

 

 

まずもって、

 

GUIDIはやっぱり、

その独特な

"佇まい"というか"雰囲気"が魅力だよね。

 

 

ドレスでもなく、

ワークでもない。

 

華美でもなければ、

ミニマルというわけでもない。

 

 

"アルチザン気質"で"ストイック"なムード。

〈質実剛健〉ながら〈モードな装い〉が

唯一無二で、

 

アルチザンレザーブランドの

礎を作った、

世界で認められるクラフトマンシップ、

 

そのモノづくりから生まれる

独自の世界観が素晴らしいんだ!

 

 

自社で厳選したレザー選び、

卓越した鞣し技術とトリートメント。

 

確かな作り込みと、

豊富なデザインアプローチ。

 

そして何より

製品を完成させてから行われる

オブジェクトダイイング(製品染め)。

 

 

製品染めを

靴やバッグに行うなんて

アルチザンそのものだし、

これがまさに『GUIDI、此処にアリ。』

ってなもんよな。

 

 

タイムレスな魅力を持つアイテムって

世界を見渡せば数多く存在するけれど、

 

実際には

自分自身の気分が変わってしまって、

結局使わなくなってしまったり、

飽きてしまったりしがち。

 

しかし、

 

GUIDIには、

GUIDIにしか作れないプロダクトがあり、

GUIDIにしか作れないムードがあって、

 

それは他に代わりのない、

もはやGUIDIという

〈一つのカテゴリがある感覚〉に近くて、

 

時代を問わず、

常に自分にとって必要なモノとして、

僕の中に存在し続けていく気がしている。

 

 

そんなブランドは、

今まで

ファッション好きを全うしてきた中で、

そうそう無くて。

 

 

僕はこのブランドを

一生愛していくんだと思う。

 

 

だから

Amanojak.に来てくださるお客様には、

絶対にトライしてもらいたいし、

 

色々なアイテムを買って、

愛でてもらいたいです🔥

 

 

定番のフロントジップやら

サンダルから、

限定アイテムのシャークに

スプレーペイントバックパックなど、

 

今期も豊富に出揃いました!

 

お初の方も、

リピーターも😎

僕と同志の熱烈ファンも🤣

 

是非新たな魅力に

出くわしてくれ。

 

北千住店、

オンラインにて。

 

今シーズンも

よろしく!

(Staff : Koyama)

 

 《ーGUIDI オンラインページー》

 

line-icon
×