やあ😎

コヤマです。

 

 

歳を重ねてきているからか、

昨今、デイリーなドレスアップスタイルに

少しばかり距離を置きつつある。

 

無論、

それは単に

今の気分でしかない可能性もあって、

 

年甲斐もなく、

ガツガツドレッシーなスタイルを装うようになる

タイミングも今後出てくるかもしれないが、

 

 

未来のことはわからない。

 

まあ今はとにかくそういう感じなんだ。

 

 

とはいえ、

ドレスアップ、

 

とりわけセットアップなんかは、

スタイリング無用、

"セットで着れば必ずキマる"という、

圧倒的な力を固持する。

 

それはやはりとてつもない魅力だよな。

 

 

だからさ、

 

 

今季はセットアップから

〈ドレスの要素を抜き取って〉、

ファッションしたいんだよね😎

 

 

は?

どゆこと?

 

何言ってんだまたコイツは。

 

とお叱りを頂きそうだが、

 

 

まあ落ち着いてくれ。

 

何もジャケパンやシャツパンツのセットだけが

セットアップということじゃないだろう?😎

 

 

 

僕は今季、

カジュアルに

セットアップしていくつもりなんだ😎

 

そんな意気込みで

今シーズンは幾つかそういうセットアップを

オーダーしている🔥

 

 

その筆頭株が、

いきなり組み上がったから

紹介させてほしい👋

 

 

 

 

【MARNI】

ケミカルウォッシュデニム

トラックジャケット

Â¥173,000-(+tax)

 

【MARNI】

ケミカルウォッシュデニムパンツ

Â¥96,000-(+tax)

 

 

来たね来たね。

 

こういうこと!

 

 

今季はこういうセットアップがしたいんだよ。

 

ジャケットでもなく、

シャツでもない。

 

ドレスでもラグジュアリーでもない。

 

あくまでカジュアル。

あくまで自由なファッションの枠組みで

セットアップするのが、

今の気分なMYスタイル😁

 

 

MARNIからは、

今期トラックスタイルのセットアップを

エントリーさせてみた😎

 

〈Y2K〉やアンダーカルチャーが

押し寄せる昨今のファッションムーヴメント。

 

 

トラックジャケットのセットアップは、

そんなトレンド感も味わえつつ、

 

新鮮でラフな洒脱セットアップスタイルを

提供してくれるだろう😎

 

 

90's〜00'sのような

ヴァイブスのあるトラックスタイル。

 

ケミカルウォッシュのデニム素材は、

そんなオールドスクールなスタイルを

確固たるものへと昇華するね👏

 

 

一見、難しくも感じる

トラックジャケットだが、

 

生地感と色味、

そしてパターンニングを

うまくチューンさせることで

 

ここまでも完成したビジュアルを確立する。

 

こればかりは、

マルニ、あっぱれ!だね。

 

ややボリュームのある

ジャケットに対し、

 

ズドンとマッシブなストレートデニム。

このシルエットバランスにも脱帽。

 

 

 

これはこの秋、

1番着たいセットアップ。


トラックジャケットは

ずっと、

コレ!というモノを探してたんだけど、

 

やっと最適解を見つけた気がしてる。

 

もちろんセットでマイオーダー済み。

 

 

マスタードに関しては

パンツがすでに完売なので、

パンツを買ってくれた方は

マストでいってもらいたい😁

 

 

ブルーはまだセットで購入可能だ😎

 

 

マルニの新定番はコレだよ。

乗り遅れないように👋

 

 

 

 

【MARNI】

サイドラインコーデュロイトラックジャケット

Â¥170,000-(+tax)

 

【MARNI】

サイドラインコーデュロイトラックパンツ

Â¥118,000-(+tax)

 

マルニのトラックセットアップは、

前述のケミカルデニムだけじゃなく、

 

コーデュロイ素材でも

買い付けている。

 

そう。

マルニのトラックセットアップは

新定番なんだよ。

 

 

現デザイナー、

フランチェスコリッソが生んだ

ニューアイコン的セットアップだ😎

 

 

こっちのコーデュロイver、

シルエット自体は、

もう少しスッキリとしていて、

 

よりセットアップらしい

端正な空気感が特長と言えるだろう。

 

 

組下のトラックパンツも

ウエストこそイージー仕様だが、

シルエットは

所謂パイプドステムで非常に美しい。

 

ジャケットも無駄のない

直線的なライン取りで

スポーティなトラックジャケットを

コレクションブランドらしい

上品さでアプローチしている😎

 

 

個人的には、

ケミカルデニムの方くらい

やっちゃってもいいかなとは思うが、

 

取り入れやすさは

こっちのほうが軍配があがるな。

 

 

綺麗に作り込んだシルエットへの

〈意匠的な反逆〉として

上下ともにサイドラインを走らせてるのも

さすがのバランス感覚。

 

コーデュロイらしからぬ

寒色カラーも良い不調和。

 

 

冬にはコートの中を

このセットにするのもいい😎

 

 

マルニの良いとこがしっかり出てて、巧み。

 

こっちはもはや

ブーツや革靴でハズすのが粋かな😎

 

前述のデニム素材と着比べて

是非お気に入りを見つけて欲しい。

 

 

 

というわけで、

NOT DRESS SETUP👋

 

いかがだったろうか?😎

 

 

トラックジャケットでセットアップ。

着てみたくなったでしょ〜?

 

 

マルニのトラックセットアップは、

他ブランドには真似できない

高い完成度とファッション感度が確かにある。

 

 

バイヤーの私小山から提唱したい

アップカミングなキーワード。

 

 

是非今シーズンは、

ドレスじゃないセットアップで、

 

唯一無二のカジュアルを手に入れて🤩👌

 

 

それじゃあ、

再見!!👋

(Staff : Koyama)

 

 

 

×