どうも。

夏の気温の日が多くなってきて、

キャラでもないのに

サザンを最近よく聞いている白川です。

 

先日の

"夏こそお気に入りのTシャツを探そう!"の

続きをということで、

今回はAmanojak.で取り扱っている

個性豊かなTシャツをご紹介するのは

もちろんなんですが、

 

ショートスリーブシャツもオススメなものが

たくさんありますので、

こちらも併せてご覧いただけたらと!

 

※前編はこちらから

夏こそお気に入りのTシャツを探そう!

 

さて、

一口にTシャツといっても、

たくさん種類がありますよね。

 

無地、カレッジ、フォトグラフィック、

バンド、ボーダー、アートグラフィックなどと

数えきれないくらいたくさんある。

 

Amanojak.で取り扱っているTシャツも

色んなデザインがあるのですが、

ジャンル分けをしましたので

それぞれご紹介しようかと思います!

 

MENU
 
 
  
 
 
 
 

-----------------------------------------

-GRAPHIC T-SHIRTS-

 

 

 

さてさて最初はグラフィックプリントTEEから。

 

前編にて触れましたが、

服こそ武器になるということで、

暑い夏でこそ本領を発揮するのが

何といっても

グラフィックTEEなのではないでしょうか!

 

どん!とフロントに乗っかるプリントは

スタイリングに華を添えてくれるはずだし、

ラフにショーツでだって決まるほどの

かっこいいTシャツが揃ってますよ(^^)

  

 

その中でも僕のオススメは、

数々のアーティストやブランドに

作品を提供しているアーティスト、

TODABAYASHI RANの

グラフィックをプリントした、

kolorのプリントTシャツ。

  

 

鮮烈なレッドのビッグサイズのボディーに

何で死にたいのかなんだかよく分からないけど

女の子のシュールなプリントが、

有無を言わさないインパクトと脱力感があって

なんだか良いなーと(笑)

 

何でそんなグラフィックを考えたんだろうと、

つい首を傾げてしまうけども、

見れば見るほどに惹きつけられる感覚は

何となく既視感があって、

CDとかのジャケットを

見てるような感じだなーと。

  

 

曲やバンドとの関連性が

一切ないジャケットほどそんな感覚があって、

サブスクの時代でもう死語かもしれないけども

ジャケ買いをするような感じで

僕はこのTシャツを買いました(笑)

 

そんな感じで直感的に興味を引かれた

グラフィックのTシャツを

手にしてみてもいいのかなと思います!

 

Tシャツならボディーとかの色も含めて

プライス的にもチャレンジしやすいですしね!

 

あと、

生地感だったりシルエットも

どれも間違いなく秀逸なので、

クオリティー面でも満足できるはずです(^^)

 

こちらよりご覧いただけます!

-GRAPHIC T-SHIRTS LINEUP-

 

 

-----------------------------------------

-PHOTOGRAPHIC T-SHIRTS-

 

 

 

お次は写真をプリントした、

フォトグラフィックTEE

 

グラフィックTEEよりも

もう少しクールな感じのが良いなーという方や

無地はちょっとそっけなくて

装いにスッと馴染む主張が欲しい方にとって

オススメのジャンル!

 

23AWから取り扱いを始める

SUBLATIONSのものは、

クールなんだけど

さりげないストリート感と横乗り感が

どこか懐かしい心地よさがあってとてもナイス。

  

 

NAMACHEKOは、

クルド民族の生活の情景をプリントしていて、

トライバルでフィジカルなエネルギーと

アーティスティックなムードが

デザイナーズらしいクラス感があって◎

  

 

あと、

個人的に感じることですが、

フォトグラフィック系のクールなムードは、

テーラードジャケットみたいな

クリーンなアイテムのインナーとしても

親和性が高い気がするので、

夏だけとは言わずに

その先の秋にも活躍するのではないかと!

 

こちらよりご覧いただけます!

-PHOTOGRAPHIC T-SHIRTS-

 

 

-----------------------------------------

-PLAIN T-SHIRTS-

 

   

 

プレーンTEE、

すなわち無地のTシャツ。

 

シンプルであるが故に

生地やシルエットの特徴が一番に出て、

何枚も買い漁った方も多いのではのでしょうか?

 

無地のTシャツって何となく

カテゴライズされているような気がしていて、

滑らかさや上品な質感にこだわったタイプ、

ガシッと肉厚かつカジュアルな風合いで

頑丈なタイプ、

パックTEEと呼ばれる

買いやすくて着まわしやすいものなど、

ざっくりこんな感じに

分かれるのではないかと思う。

  

 

そんな無地TEEの世界(?)だから、

専門のお店があるほどに

とにかく種類が豊富で、

どれを買ったらいいのか、

どこに落ち着けばいいのかと

ジプシーになっている方も多いはず!

 

でも、ご安心ください。

Amanojak.の無地TEEは、

そんなジプシーの悩みに終止符を打つはず!

  

シャツ地のような上品さ、

シワになりにくくて頑丈な実用性、

買い足しやすいプライスといった、

3つ星のWEWILLのトリコットTEE

  

 

 

ウールの肌触りの良さと上品さ、

でも家で洗えて、素材の自浄作用で臭いにくい、

BATONERのウールTEE

 

 

 

この2つのTシャツは僕も持っているのですが、

これらは絶対に持っておいていただきたいと

自信を持ってオススメできますし、

これ以外の無地TEEには気持ちが中々

移ろわないのではないかと思います!

 

こちらよりご覧いただけます!

-PLAIN T-SHIRTS-

 

 

-----------------------------------------

 -TECHNICAL DESIGN T-SHIRTS-

 

 

 

プレーンなボディーでも

トリッキーなデザインが効いた、

こちらのジャンルも取り揃えています。

 

そんなデザインを手掛けるのは、

FENG CHEN WANGと

yoshiokubo

 

 

 

ネックを逆さまにして取り付けたり、

デニムジャケットのポケットをプリントした

シアーなポケTEEだったり、

メッシュをグラデーションをかけるように

配していたりと、

 

プレーンなTシャツを縦横無尽に

アレンジしているけども、

一つのデザインとして成立しているのは、

流石の両ブランドかと(^^)

 

 

プリントでも無地でもない、

唯一無二な立ち位置を確立していて、

プリントに飽きてきた方にはもってこいかと

思います。

 

こちらよりご覧いただけます!

-TECHNICAL DESIGN T-SHIRTS-

 

 

-----------------------------------------

-L/S T-SHIRTS-

 

 

今の真夏への過渡期にショーツと合わせたい

ロングスリーブも

豊富に取り揃えています!

 

中でも個人的なイチオシは、

TAAKKのペインティングTシャツ。

  

 

 

油絵のような抽象的なニュアンスなんだけど、

ロングスリーブで

全面にプリントされてるとなると、

その存在感はとにかく抜群!

 

袖口にリブの付くタイプで、

ラフに袖をまくって着ても力を抜いた感じで、

なんだか様になるはず(^^)

 

こちらよりご覧いただけます!

-L/S T-SHIRTS-

 

 

-----------------------------------------

-S/S SHIRTS-

 

Tシャツとは別枠になりますが、

今シーズンAmanojak.は、

ショートスリーブシャツがとにかく豊富!

 

ということでここもオススメしたいなと思い、

まとめました(^^)

 

 

ショートスリーブシャツって、

アロハだったりリゾート感のあるものを

イメージしてしまって、

何となく敬遠してしまう方も多いのでは

ないでしょうか?

 

オープンカラーといった

襟の仕様だったり、シルエットが

とにかく重要になってきて、

一歩間違うとおじさんぽい感じが…

 

でも、

Amanojak.ではそんなイメージ払拭する、

洗練された半袖シャツを

たくさん用意しています!

 

 

抽象的なニュアンスの柄を全面に施し、

シルエットや襟の仕様を

洗練されたものに昇華した、

th products、SFTM、MARNI、TAAKK

 

  

   

 

 

ラグジュアリーで

永遠の名作と呼ばれるほどの格式と

芸術的な仕上がりで有無を言わさないけど、

あくまでもカジュアルにサラッと

取り入れていただける、MISSONI

 

 

とにかく生地へのこだわりがとてつもなく、

自然に醸し出される高級感や存在感があり、

一目見ただけでも良いシャツということが

窺うことのできる、DESTIN

 

 

バスキアの自由奔放なアート性で

存在感抜群ながらも、

どこか大人の余裕を感じさせる、

JUNYA WATANABE

 

 

とにかくそれぞれ個性豊かでブランドの特色が

しっかりと出ていて、

サラッとラフに羽織るだけで

スタイリングが決まるのではないかと!

 

Tシャツだけでは物足りない!という、

服好きの性にしっかりと応えてくれるので、

ここも要チェックです(^^)

 

こちらよりご覧いただけます!

-S/S SHIRTS-

 

 

-----------------------------------------

各分野ごとに紹介しましたので、

少し長くなってしまいましたが、

いかがでしょうか?

 

Tシャツと一口に言っても

とにかく幅が広いのですが、

どれも武器となりうるほどのパワーを

備えているのではないかと思います。

 

とにかく種類が豊富なので、

是非じっくりと選んでいただけたらと

思います!

 

サイズ感などのご相談も承りますので、

お問い合わせなどもお気軽にどうぞ(^^)

 

それではまた!

 

※ブログの前編はこちらから!

-夏こそお気に入りのTシャツを探そう!-

 

staff : shirakawa

(Instagram : @amanojak.shirakawa)

 

 

×